言葉の意味をちゃんと理解して使う (141013)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

90%「チンする」使う。先日の長崎新聞共同通信社会部の口石
記者が国語世論調査として書かれていた記事です。

「電子レンジで食べ物を温めるときに“チンする”と言ったり、
お母さんから“サボってないで勉強しなさい”とおこられたりし
たことはありますか」

国が行った国語に関する世論調査の中で、音を表す言葉や名詞な
どの最後に「る・する」を付けて使う人はどれくらいの割合なの
か、初めて調べたそうです。

その結果、「チンする」を使う人は全体の90%、なまけるとい
う意味の「サボる」は86%の人が使っていたそうです。

これとは別に、言葉の意味をちゃんと知って使っているかどうか
も調べています。

「世間ずれ」という言葉。本来の意味は、「世間をわたってずる
がしこくなる」という意味ですが、半分以上の人が、「世間の考
えからずれている」と間違って捉えています。

あと「やぶさかではない」は、34%が「喜んでする」という正
しい意味を答えましたが、「仕方なくする」と間違えた人の方が
多く、44%でした。

文化庁のホームページにある「ことば食堂へようこそ!」のペー
ジに、まちがって使われる多い言葉を教えてくれています。ちょ
っと覗いて言葉の意味を再発見してはいかがでしょう。

今日は言葉を意識して過ごしてみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。