思い出せない記憶 (141102)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

思い出せない記憶。人間の脳細胞というのは、赤ちゃんの時に、
一千億個以上つくられて、大人になると誰でも一日10万個単位
の神経細胞が衰えていると言われています。

この神経細胞の衰え=ボケではありません。元々一千億個以上あ
る細胞ですから、一日10万個衰えたとしても、一年で約360
0万個、10年でも三億六千ですから、脳全体の神経細胞からみ
ると大した衰えではありません。これが著しく進行する病気が、
アルツハイマーです。

筋肉も使わなければ、どんどん無くなっていきます。個人差はあ
るにしても、40歳を境に筋力が衰えてくるようです。しかし、
刺激(鍛える)を与えることで、ある程度は維持できます。

脳の細胞も筋肉と同じです。大体20歳後半に神経細胞は減って
いくようです。歳を取って、物覚えが悪くなるのは、ある意味正
常な姿です。

では、筋肉と同じように脳細胞の衰えを防ぐにはどうしたらいい
と思いますか。それは、日本人が昔から教えている、読み書きソ
ロバンです。

脳は興味のあるものは覚え、自分にどうでもよいと思っている事
は関心を示しません。よって、脳は刺激をしなければ記憶しよう
としないのです。

のんびり、ぼんやり一日を過ごしてしまうと、どんどん脳は衰え
て忘れっぽくなっていきます。それには、何よりも積極的な行動
を取ることです。

記憶の基本は反復するということです。海馬に何回も情報を送り
込むと、その反復で記憶は、長期記憶へと移行し、忘れなくなり
ます。

今日も積極的行動で、脳に刺激を送り続けましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。