実践とは、どんな心持で行うかということ (141122)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

高倉健さんがお亡くなりになりました。生き方として理想の人物
としていた高倉健さん。何とも言えない寂しさがありました。今週
の倫理でも取り上げていました。紹介します。

今週の倫理です。
———————————————————-
映画俳優の高倉健さんが、今月十日に亡くなりました。八十三歳
でした。

高倉さんは、半世紀以上に亘り映画俳優として活躍。『網走番外
地』シリーズや『日本任客伝』シリーズ、『幸福の黄色いハンカ
チ』など、日本映画史に残る数々の作品に出演し、第一回日本ア
カデミー賞の最優秀主演男優賞をはじめ、多くの映画賞を受賞。
二〇〇六年度文化功労者、二〇一三年には文化勲章を受章しまし
た。

「最後の映画スター」として多くの人々から慕われ、敬意を払わ
れた八十三年間の生涯でした。

高倉さんは、一度決めたことを終始一貫やり続ける人でもありま
した。健康管理のための筋力トレーニングや血糖値の測定は毎日
欠かさず行なっていたそうです。「撮影現場での休憩中は椅子に
腰掛けない」という逸話も残っています。

また、映画『八甲田山』の撮影の際に禁煙を決意して以来、一日
に八十本吸っていた煙草もぴたっと止めました。そうした厳しい
姿勢は「自分がこの仕事に就いたときからのプライドであり、自
らに課したこと」と、高倉さんは生前語っておられます。

倫理実践においても、「一つのことをやり続ける」というのは、
成功への大切な要諦です。しかし、「実践」を続けていくうちに、
いつの間にか「習慣」になり、成長や変化が乏しくなることがあ
ります。

倫理実践は、続けることに加えて「どのような心持ちで取り組ん
でいるか」に注意を払うことも大切なのです。

仕事の都合で毎朝四時に起きている人がいます。〈今日も気持ち
よく目が覚めて、一日分のいのちをいただけた。このいのちを世
の為人の為にしっかり働かせるぞ〉と前向きに起きている人もい
れば、〈もう朝が来てしまった。毎日四時起きで、なかなか疲れ
が取れない〉と心の中で嘆きながら目覚める人もいます。

行為としては、同じ早起きですが、どのような気持ちで起きてい
るかによって、その行為が「実践」なのか「習慣」なのか違いが
出てきます。当然、その日一日の過ごし方も違ってくるでしょう。

やり始めはつらい実践も、数カ月も実行すれば自然と身につくも
のです。ただし、何も考えずに実行できる「習慣」になってしま
うと、その行為から心が離れ、もはや「実践」とは呼べなくなる
のです。そして、怠け心が顔を出し、いつの間にか行為そのもの
をやめてしまうことにつながります。

〈今、自分はどんな気持ちで実践しているのだろう〉と常に自分
に問い続け、心の伴った「実践」を続けてまいりましょう。

さて、本紙「今週の倫理」は、会員の皆様のご愛読のお陰で、今
号で九〇〇号を迎えることができました。一九九七年九月の第一
号発行から一七年、九百週間休むことなく身近な倫理実践を発信
し続けてきました。

今後もマンネリに陥らずに、皆様に喜んでいただける紙面づくり
に心を込めて、週に一回の発信を続けてまいります。
———————————————————-

実践とは、どんな心持ちで行うかということです。無意識に行うこ
とは、もはや実践とは言わず習慣なのですね。

今日も、どんな心持ちかを意識して実践に取組んでいきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。