良い言葉を使って積極的に進める (141209)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日は、倫理法人会のナイトセミナーで「言葉」について話をさ
せて頂きました。

「人物とは言葉である。」と言われるように、日頃どんな言葉を
口にしているかで人間が決っていくようです。

「日頃どういう言葉を口にしているか。どういう言葉で人生をと
らえ、世界を観ているか。その言葉と量と質が人物を決定し、そ
れにふさわしい運命を招来する。運命を拓く言葉の重さを知らな
ければならない。(致知日めくりカレンダーより)」

丸山敏秋理事長が書かれた本「純粋倫理入門」にあいさつについ
て書かれていました。「あいさつは心をつなぐ金のベルト」であ
る。という内容です。
———————————————————-
よりよい人間関係を築く架け橋として言葉が使われるとき、大切
なポイントになるのがあいさつです。「おはよう」「こんにちは」
「行ってまいります」「よいお天気ですね」「ご無沙汰していま
す」「さようなら」「ごちそうさま」「おやすみなさい」「あり
がとう」・・・・・。
———————————————————-

そして「挨拶」という漢字の意味が書かれていました。
———————————————————-
「挨拶」という漢字は「前にあるものを押し除いて進む」という
積極さを意味しています。先手を打つのが肝心。それも真心のこ
もった「誠の先手」を打ち、相手との間に心のベルト(ラポール)
をかけるのが、真のあいさつです。
———————————————————-

最も重要なのが朝のあいさつです。一日のスタートは朝のあいさ
つからです。積極さが培われていきますね。

朝礼前のハイタッチ+握手も中々いいものですね。今日も良い言
葉を使って、積極的に進めていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。