職場でのOJTは筋トレと同じである (141213)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

コミュニケーションエナジーの今井講師より、現場のOJTにつ
いて書かれていました。なるほどだなぁ。と思うところがありま
したので紹介します。

「現場で行うトレーニングというのは、筋トレと一緒である!」
このフレーズを聞いて、どのように感じられたでしょうか?また
どんな映像がイメージされたでしょうか?

———————————————————-
皆さんもリーダーとして現場にて中堅幹部層、リーダー、一般社
員さん、パートアルバイトさん対象のトレーニングをされること
があると思いますが、そのトレーニングの全ては、確かに「筋ト
レ」と一緒なんです。

筋トレを考えてみたんですが、例えば、「腹筋を割りたい」とい
うことを思ったとします。これは、自らがそのような状況に近づ
きたい、つまり目標設定であり、理想のゴールです。これが明確
になるからこそ、手段を考えますよね。例えば、腹筋を割る為に、
スポーツジムに通おうとか、毎日家で腹筋を10回やろうとか。

そして、それを継続して実行するわけですが、筋トレとは、1回
やったからといって、成果が出るわけではないですよね。皆さん
も筋トレをやったことがある人であればわかってもらえるのでは
ないでしょうか。

毎日コツコツ積み重ねて初めて、早い方で3ヶ月後、とか半年後
とかにようやくお腹にうっすらという腹筋の線がでてくるかどう
か、という具合だと思います。

また、違う角度からお話すると、腹筋を割るために、二の腕の筋
トレをしても全く効果が出ないのは当たり前ですよね。つまり、
しっかりと腹筋を意識した筋トレ(行動)をするからこそ、振れ
ることなくその筋肉(課題)に伝わります。

そして、ここからがミソなのですが、腹筋を割る為には、お腹周
りについている脂肪をまずは取らないといけないので、効果的な
食事制限もしっかりとし、そして腹筋ときってもきれない「背筋」
にも意識を向けて(見えないものを見る力)背筋のトレーニング
もする。

そこまで、やりきるからこそ美しい腹筋が成果としてでてくるの
ではないでしょうか。

最近、また「OJT」が注目されてきています。まさに、OJT
はこの腹筋のトレーニングと同じ理屈で説明できるのではないで
しょうか。

新人が入ってきた時、自らが新しいことを覚える時、私達はそれ
をマスターしている人からOJTをしてもらいます。何度も何度
も、教えてもらい、そして教えてもらったことを自らが主体的に
繰り返し(身につくまで練習し)、自らの内に落とし込んでいく。

この1回1回の小さな行動、小さな考え方、小さな気づきの積み
重ねの連続が自らを強くし、筋トレのように意識して課題に対し
て対処するからこそ、ぶれない自分自身が作られていくんだと思
います。
———————————————————-

如何でしたでしょうか?新人の頃は兎に角、身につくまで繰り返
しのトレーニングしかありません。それも「主体的」に取り組む
ことが一番大事です。やらされ感ではなく、自らなりたい自分を
イメージして取り組むことです。

イメージできていない人は、やりながらイメージしてみてくださ
い。もしイメージできなければ、一つの決断も必要でしょう。自
分に周りに甘えている時間はそう長くは残っていません。

今日も、筋トレに取組んでいきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。