時流を読みながら自分の仕事の意味づけを行う (141218)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

12月16日号のIT新聞に来年注目のIT分野7つが紹介され
ていました。

1.格安スマホ
大手3社の半額程度でスマホを提供。硬直化した料金体系への不
満もあり、来年はさらに飛躍か。

2.オムニチャネル
ECや実店舗など、どこで買ったかを意識させないようにする動
き。実現にはまだ大きな壁も。

3.ItoT(アイオーティー)
モノのインターネット化。家電や機械などをネットにつなげ、遠
隔操作や情報をやり取り。

4.ワークスタイル革命
従来の働き方を変えることで、少子高齢化による労働力減少を補
う動き。国も後押しする。

5.農業IT(植物工場)
植物工場の構築やセンサによるノウハウ収集をITで行う。新規
就農を促し、強い農業転換への鍵に。

6.ニュースキュレーション
スマートニュースやグノシーに代表されるニュース収集アプリ。
広告頼みのモデルが課題か。

7.MOOK(ムーク)
ネットを通じて高度な教育を無料で配信する米国の動き。今年4
月から日本でも本格的に開始。

以上7つです。

オムニチャネル、アイオーティー、ニュースキュレーションなど
カタカナ用語が並びますが、IT無くして社会は成り立ちません。
ITを意識させない商品・サービスが更に加速していくものと思
います。

今日も、時流を読みながら、自分の仕事の意味づけを行っていき
ましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。