言わないでおきたい3つのジャンル言葉 (141224)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

一昨日は、システムフォレスト社の10周年記念講演会とパーテ
ィ―に参加してきました。その記念講演では、船井総研の上席コ
ンサルタント唐土氏のお話でした。

その時に頂いた資料に、言わないでおきたい3つのジャンル言葉
というのが載っていました。

———————————————————-
冬になったら「あ~寒いですね~」と嘆いている人はどれくらい
いますか?一方、夏の場合「あ~暑いですね~」と嘆いている人
はどれくらいいるでしょうか?

それゃ、冬だから寒いし、夏だから暑い。当り前のことです。逆
に7月の夏に気温が10度になったら、多分、みんなが「異常気
象だ」と言って「寒い、寒い」を連呼しているでしょう。逆に冬
の12月に気温が30度になれば「暑い、暑い」と言ってると思
います。

結局、今という現状を何かしら評価して生きている。ということ
です。暑かったら脱げばいいし、寒ければ着ればいいだけ。要す
るに、対処すればいいだけ。

だけど人間は、何かを言いたい。対処する術を考えずに嘆いてい
るわけです。人間なにかしらブツブツ、評価、評論をしたい。そ
んな中であまり言わない方がいい言葉があります。

ジャンル的にいうと3つです。
1.つらい、悲しい、つまらない
2.不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句
3.批判、攻撃、中傷

この3つのジャンル言葉を使うと、結局自分が損をする。だって、
こんなこと言っている人と関わろうとは思わない。しかし、人間
だからついつい言ってしまう・・・
———————————————————-

今日も、言わないでいい言葉は言わないで、前向きな言葉を口に
出してみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。