気遣いは人を変える (150115)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

昨日は、博多始発の新幹線で大阪に入りました。新大阪で降りる
際に、ふとした光景に遭遇し感動しました。

通路を挟んで隣の席に、サラリーマンらしい上司と部下が座って
いました。僕と一緒に新幹線で降りる際、その部下の人が、朝食
のゴミを残して席を離れようとした時です。

すると上司がすかさず「清掃の方の仕事が増えるでしょ。そして、
この新幹線は東京まで行く。この後、誰かが席を利用するかもし
れないよ。自分のゴミは自分でホームのゴミ箱に捨てなさい」。
と諭されました。

部下はキョトンとしていました。おそらく始めて注意されたので
しょう。子供の時も親から注意を受けていなかったと思います。
部下の人は「清掃の方が片付けてくれるからいいだろう」と思っ
ていたのかもしれません。

まさに上司が取った行動こそ、人財育成の原点だと思いました。
他人の仕事と思うのではなく、相手の負担を軽くする気遣いをし
なさい。という教えです。

こういった小さな行動の積み重ねが、人の心を変え、人間性を高
めていくものだと思います。

果たして自分が同じシーンにいたとしたら、そのように諭すこと
ができるだろうかと自問自答した瞬間でもありました。このよう
な育成は、その瞬間に間髪入れずに行わないと意味をなしません。
時間がたって「あの時は・・・」と言っても効果がないのです。

僕も意識していることですが、リクライニングの背もたれは元に
戻したり、ゴミは持ち帰ったりとちょっとした小さな行動が、ふ
とした瞬間に出るものだと思いました。

今日も、ちょっとした気遣いを持って、仕事に取り組んでいきま
しょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。