顎を引けば人生が変わる (150126)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「姿勢は気力の第一歩」と言われます。致知2月号の連載記事に
「顎を引けば人生が変わる」と題して書かれていました。

一部抜粋します。
———————————————————-
初対面の相手がどんな人間かを判断する時、あなたはどこをチェ
ックしますか?

人間は内面が大事であることは言うまでもありませんが、まだ相
手のことが何も分からない段階では、見た目で判断するしかあり
ません。そして見た目の印象を大きく左右するのが姿勢です。

例えば面接などで姿勢の悪い人は、何となくだらしない、いい加
減そうといったネガティブな印象を相手に与えてしまうことは否
めないでしょう。
———————————————————-

日本人における偉人たちの共通点として、姿勢のよさを挙げてい
ます。肖像画は、とりわけ顎をグッと引いていると言います。
確かに、大柄な人は顎を引かずに突き出して、上から目線で見下
す印象があります。

姿勢が悪くなる原因に、パソコン、携帯電話、ゲームなど常に頭
を前に傾けた姿勢を続けることと言います。確かにそのような姿
勢を長時間取っているようです。

———————————————————-
頭部が2.5センチ前に出るごとに、頭から顎、肩にかけての筋
群に掛かる負荷は4キロずつ増加すると指摘されています。デス
クワーカーの人は平均5~6センチ前に出ている人が多く、プロ
グラマーに至っては6~9センチも前に出ている人が少なくあり
ません。

仮に、体重70キロの人の頭が10センチ前に出ていたとしたら、
頭の重さも足すと、合計で21~25キロもの負荷がかかること
になります。
———————————————————-

知らず知らずのうちに、前かがみの姿勢になっているようです。
休憩時間などでは、意識的に視線を遠くに向け、良い姿勢を意識
して整えていきましょう。

次回は、姿勢を良くする座り方などお伝えします。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。