三昧境の境地 (150312)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

PHP4月号。裏表紙の言葉は「三昧境」です。

———————————————————-
入社当初は頼りなくて要領も悪く、とてもやっていけないだろう
と思われた人が、のちに見違えるほど輝きを放ち、三十年後にそ
の部門の責任者になる、さらには重役になるといったことがある。
一方で、将来を嘱望されながら伸び悩み、いつの間にか、その他
大勢の中に埋没してしまう人も少なくない。その違いはどこから
来るのか。

もちろん運もあろう。組織において、自分の適性にピタッと合っ
た仕事に就けたり、上司や先輩に恵まれるといったことは、自ら
の意志以外に因るところが大きい。

しかし、運だけでは、長年にわたって成長を重ねていくことはで
きないだろう。やはり何より、本人がどれだけ誠実に、熱心に、
目の前の与えられた仕事、課題に取り組んできたかがものをいう。

一心不乱、仕事三昧の境地に至るまで、日々、仕事に心血を注ぐ。
そうした姿であってこそ、知らず識らずのうちに力がついて、周
囲から一目置かれ、信頼も高まってくる。その蓄積が将来を左右
するのである。

お互い、三昧境を味わえるまでにはなかなかなれないけれど、ま
ずは没入することから始めてみよう。
———————————————————-

三昧境とは?無我の状態。忘我の境地。との意味です。プロと言
われる人は、どこかで三昧境の境地を味わっていると思います。

20代に、三度の食事も忘れ、眠るのも忘れるぐらい何かに没頭
する境地を味わっておくと、一目おかれる人間になります。

今日も、目の前の仕事に没入してみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。