耳で伝わらなければ目で伝える (150319)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

言っても、どうも響いていない?同じことを何度言っても伝わら
ない。そんなことを感じた人は多いと思います。

何度言っても、伝わらなかったり間違ったりする人は、聞いて理
解するよりも目で見て理解・判断する情報処理能力の強い傾向が
あります。

何度も同じことを言われれば言われるほど、逆に頭に入らない人
もいます。心理的に「また言われる」と反応し、回避したり、流
したり、無視する、という心の構造になっているのです。

ではどうすれば、伝わり、理解してもらえるのか?
例えば、自転車に乗ることを教えるのに、「十字路は気をつけな
きゃいけないんだよ、止まって左右を確認するんだよ」というよ
うなことを耳から聞かせるより、「一旦停止!」「注意!」など
道路標識ひとつで、はっと気づくことがあります。

業務の中でも、チェックすべき点には、あらかじめ付箋を貼って
おいて注意を促したり、ぱっと見て気づくような仕掛けをつくる
など、伝える「手段」を変えてみるのも一つです。

今は、伝え方に一工夫が必要になりました。動画で伝えるのも一
つです。広告媒体の変化もその一つかもしれません。言葉で考え
る力が衰えているのかもしれません。

だから悪いのではなく、言葉でなければ、映像などを使って伝え
いく工夫や、言葉で伝える時も、伝える側のスキルを向上させて
いくのも一つです。

双方、学んでいかなければ、伝わらなくなったようです。今日も
伝える一工夫を実践していきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。