実践とは繰り返し繰り返し行うこと (150408)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今日は、付属中学校の入学式です。昨日まで長崎市内の公立学校
は入学式を終えたようです。ランドセルをからった一年生は、か
わいいものですね。

天分発見のツボ。感性論哲学の芳村思風先生は、天分を見つける
には、5つの問いかけを行ってみると良いと言います。

1.やってみて、好きになれるかどうか?
2.やってみて、興味関心が持てるかどうか?
3.やってみて、得手・得意と思えるかどうか?
4.やってみて、他人よりうまくできるかどうか?
5.真剣にやってみたら、問題意識が湧いてくるかかどうか?

5つに共通することは、「やってみること」、実践することです。
肉体を使うことが第一条件。

天分のツボに、はまった人生ほど面白いものはありません。5つ
すべて当てはまる必要はありません。当てはまるのが多いほど、
ツボはまっているということです

そして、その天分を開花させるのは、天分がこれだと感じたら繰
り返し、繰り返し、繰り返すこと。

もうムリと思ったとき「なにくそ」と挑戦したとき眠っていた潜
在能力が目を覚まします。

行動とは一過性。実践とは、繰り返し繰り返し行うこと。行動の
積み重ねが実践です。

今日も、実践していきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。