問題を問題として捉えた時の思考と行動 (150617)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

コミュニケーションエナジー社からのメルマガからです。
———————————————————-
人は、問題を問題として捉えた時、原因を追究するなど視点が過
去にばかりむいて上手くいかなかった事象に囚われ、視野が狭く
なりがちです。

もちろん、問題が起こった時、問題に直面し原因を明らかにする
ことは重要です。

一方で、問題を課題と捉えることで、問題の視点が未来に向き、
解決へのリソース(資源)が見えてきます。理想や解決像と現実
とのギャップの中にこそ、解決へのリソース(資源)があるので
す。

問題ばかりを見てしまいそこから出られなくて苦しい思いをして
いる人にも囚われている問題の苦しみから一旦はなれ未来の解決
した状態から今を見ることで囚われがない分、解決のリソースを
見つけられやすくなります。

そして、それは生きる力を与え心の元気につながります。解決し
ようと行動することは『生きる』ことです。未来は、今を生きる
力となります。
———————————————————-

問題をどう捉えるか。問題のない人生はありません。問題がない
ことを願ってはいけません。むしろ問題は改善・飛躍のチャンス
と捉えることが肝心です。

そうはわかっていても、問題が無い方を選んでしまいます。その
理由は、志・夢・ビジョンが薄らいでいる証かもしれません。

今日も、あるべき姿に向かって、今の問題を解決すべく行動して
いきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。