人格的魅力とは何か (150724)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

人格的魅力とは何か?感性論哲学では、人格を高低、深浅、広狭
でみていきます。

1.人格の高さ
①真善美へのより高度なより厳密な価値への感覚を持つ
②にじみでる謙虚さをもつ
③自信をもつ
④志の高さ・志の深さ・志の広さ(大きさ)
⑤人間的実践理念を常に自分に問い続ける
在る(ある)・・・いかに在るべきか(現在)
為す(なす)・・・いかに為すべきか(行動態度)
成る(なる)・・・いかに成るべきか(未来)

2.人格の深さ
①意味や価値を感じる厚みである
②苦労・悩み・忍耐の質に関係する(外からの否定的な力により
深くなる)
③「逃げない」という姿勢が深さをつくるための前提条件
④10歳までは、強く叱る。内省的な心と倫理意識・善悪の判断
を体で教える
⑤問題や悩みはなくならないことを知る。問題を乗りこえること
が人生だということを理解する
⑥七転八倒が絶対的幸福境涯。七転び八起きではなく、8回目も
ぶっ倒れる覚悟を持って挑み続ける
⑦本質への問い(物事の本質を見抜く力をつける)
⑧理念への問い(人を見る目・ものを見る目・物事への深い理解)
「愛とは何か」「ほんとうの勇気とはなにか」などを問い続ける、
答えはない
⑨無頼独行(ぶらいどっこう)の問題解決の能力を育てる

3.人格の大きさ
①器・度量・包容力・統率力の大きさを作る
②人間性の豊かさをもつ(考え方・価値観・感じ方の違う人間を
どれだけ包容できるか)(お茶やお花、ピアノなど習い事は教養
の豊かさを作るだけで、人間性の豊かさではない)
③「対立とは、自分が人間として成長するために学ばなければな
らない人間が誰であるかを教えてくれる現象」ということを理解
する。対立を乗り越えること、人間関係の修羅場が、大きさをつ
くる
④感情的対立を乗り越える
⑤大きさをつくる精神的原理を知る・問いを持つ
空間的全体性(対存在の原理・能力の無限の可能性。大きな世
界と関わる
時間的全体性(先見力・夢理想を描く力・歴史観をもつ

今日も、人格的魅力に磨をかけていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。