自分と向き合う (150806)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

平澤興の遺した言葉。致知6月号で掲載された言葉です。
———————————————————-
自分と向き合う
まじめに生きて、自分を大事にして、そしてその自分を大事にし
た生活の中から、自ずから自信が生まれる。その自信はただいつ
も景気のいいものではないのであります。自信があるから何も心
配ないというのは嘘であります。自信があればこそ心配もあり、
ひときわ自分に対する厳しさというものをまた持つことになるか
と思います。

進歩というものを目指せば迷うのであります。しかし迷うだけが
進歩ではないのであります。その迷いの中を、動揺の中を貫いて
次の安定を得なければ、それは駄目なのであります。

結局人間は、自分で自分の身の工夫をして面倒を見て、そしてい
かに生きるかということを考えることが最も重要な問題だと思い
ます。
———————————————————-

自分と向き合う。という文章を読んで、自分のご機嫌は自分で取
る。という言葉を思い出しました。

結局は、自分のご機嫌は自分で取らなければなりません。もちろ
ん、周りの人からの援助であったり、励ましはあります。しかし
一人になったら、気分が落ち込んだりします。

どう自分の面倒を見ていくか。そこに社会人として、仕事人とし
ての生きる目的が必要になるのです。

今日も、自分のご機嫌は自分で取っていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。