人生の大則 (150814)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

平澤興の遺した言葉。致知6月号で掲載された言葉です。
———————————————————-
人生の大則
人生はどこかに一つの夢を持つということ、そしてそれを本当に
誠実に、いかなる場合にも自己をだまさないでしかも負けないで
不屈性を持ってやりとおすということであります。

私は思います。人生というものは、きょうと明日が我われの手の
中にある。過去のことはいかなる失敗も成功も、手を離れておる
のであります。

人生というものは希望を持って行きたらいい。一番つまらんのは、
愚痴をこぼすことだろうと思います。愚痴は全く自分自身を弱め、
希望を失い、全く何にもならんですね。

どうも世の中を広く見ておりますと、結局愚痴をこぼしたり自分
に文句言ったりと言う人は人生の最後を見ますとやっぱり哀れで
あります。若い時に人に「何というお人好しだなあ」とういうふ
うに笑われながらも、なおかつその笑いの中で平然として耐え忍
んできた人は、確かに晩年はよいのが多いのであります。
———————————————————-

今回、平澤興の遺した言葉をシリーズとして紹介させて頂きまし
た。僕も何冊か著書を読ませて頂きましたが、人間の原理原則、
人生の原理原則を気づかせて頂いたと思います。

原理原則はとてもシンプルです。しかしシンプルを複雑化させて
いるのは自分自身です。

弱さを隠すために、言い訳言ったり誠実さを失ったり、人のせい
にしたり愚痴を言ったり・・・

お盆休みを通して、原理原則に気づきたいものです。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。