時を待つ心 (150815)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

時を待つ心。

悪い時がすぎれば、
良いときは必ず来る。おしなべて、
事を成す人は、必ず時の来るのを待つ。
あせらずあわてず、静かに
時の来るのを待つ。

松下幸之助「大切なこと」より

雨もずっと降り続くことはありません。時が来れば晴れ間も出て
くるでしょう。又、晴れもずっと晴れていることはありません。
時が来れば曇りとなり、雨も降ることもあるでしょう。

僕たちは、良くない事が起きると、つい焦ってあれやこれやと手
を出してしまいます。会話一つでもそうです。相手が考えている
のに、あれやこれやと口を出します。要は待てないのです。

この待てない背景には、自分の弱さがあります。待つという心は、
日本の禅の世界でもあります。座禅はまさに待つ心を鍛えてくれ
ます。

待つとは、己の心と向き合う力のことです。自分を信じる心のこ
とです。自分を信じられない人ほど待てませんね。

あなたは、好きな人、愛する人を待ち合わせをして、どれくらい
待てますか?

今は、スマホ、携帯があって、待ち合わせで待ちくたびれる。と
いう光景は少なくなりました。すぐに連絡が取れて、例え1時間
遅れることになったとしても、それを相手に伝えることができま
す。遅れることを知った待たされる側は、1時間を別の時間とし
て使うことができ、何も情報なしで待たされるストレスから解放
されます。

ということは、現代人は「待つ」ということが、昔に人より苦手
になってきているのかもしれません。我慢もそうかもしれません。

今日も、待つ心。自分を信じる心を養いたいものです。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。