人は性格に合ったような事件にしか出くわさない (150823)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

致知の「今日の言葉プラスα」より
京セラの創業、第二電電(現KDDI)の立ち上げ、そしてJA
Lの再生――。若い頃から常に真剣に人生に、経営に取り組んで
きた稲盛和夫氏。

『成功の要諦』(稲盛和夫・著)から、稲盛氏の人生観、経営哲学
が垣間見える珠玉のエピソードを紹介します。
———————————————————-
【芥川龍之介と小林秀雄の言葉】

(稲盛氏)性格は生まれたときから一生変わらないものではあり
ません。心の中でどういう思いを抱いているかによって、その人
の性格は変わっていくものです。

だから、だんだん年を重ねるに従って

「あの人はいい人だね。若いころとはだいぶ違って、いいお人に
なったな」

といわれたとすれば、そのことが実は、少しは美しい魂になって
いった証拠なのです。人柄を見れば、魂が美しいものになったか
どうかがわかるのです。

そう思っていたところ、作家の芥川龍之介のこんな言葉を知りま
した。

「運命は、その人の性格の中にある」

また、文芸評論家の小林秀雄はこう言っています。

「人は性格に合ったような事件にしか出くわさない」

善きことを思い、善きことをすれば、いい結果が生まれるといい
ましたけれども、そういう思いをずっと抱いて行動していると、
それはまさにその人の性格を形づくっていくのです。

そして芥川龍之介がいうように、その性格によって運命が決まっ
てくる。

また、小林秀雄のいうように

「人は自分の性格に合った事件にしか遭遇しない」

のだとすれば、

「私は大変不幸な事件に巻き込まれています」

というのは

「あなたの思いが呼んだのですよ」
「あなたの性格がそれをつくったのですよ」

とも言えるわけです。

この二人の先人の言葉は、性格が変わっていくまでの強い思いを
抱き、毎日毎日、自分の思いを修正しながら、善き思いに変え、
善きことをする方向に変えていくことが大事なのだということを
如実に表していると思います。
———————————————————-

出来事は、その人の性格に応じて現れてくる。まさのその通りで
あると思います。

今日も、善きことを思い、善きことを引き寄せていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。