誠実な姿勢とあり方 (150826)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

東芝の不祥事が報道されていました。今から30年前、東芝の再
建にあたった土光敏夫さんが、知ったら何と喝破されるでしょう
か。

「十年間でどういうふうに変化するのかということについて常に
我々は一応の見通しを持たなければならない。それから超産業社
会に進みつつあるという一般的な知識をもっと重視する必要があ
ろう。変化することが企業の本質であり、変化に先んじて変化を
作り出す企業が必要ではないか」

土光敏夫(元日本経団連会長。石川島播磨重工業、東芝などの社
長を務め企業再生を果たす)

以下、コミュニケーションエナジー湯ノ口さんより
———————————————————-
“行革の鬼”と呼ばれ、企業を健全化し再生したことで知られて
います。もし、土光さんがご存命であったなら、今回の東芝の経
営陣の不祥事について、どのような言葉を発せられたでしょうか。

上記の言葉は、土光さんが現役でご活躍をされていた30年ほど
前の内容です。

社会や企業の将来を見据えて、自らがお手本になるべく実践する
姿に、深い感銘を私は受けていました。

今、この時代に求められているのは、一人ひとりの人間としての
誠実な姿勢やあり方が問われているのではないかと思います。

自己の利益ばかりに考えが囚われてしまうと、本当に大切なもの
が見えなくなってしまいます。そして、未来においてあるべき姿
を創造できなくなってしまいます。

時代は絶えず変化をしていきます。私たちも成長することができ
ます。自分にとって、また周りの人々にとって価値ある幸福な未
来を志して、毎日を大切に生き抜いていきたいものです。
———————————————————-

「誠実」という言葉を聞いて、みなさんはどんなイメージを持ち
ますか?嘘をつかない。最後までやり遂げる。ルールを守る。と
いったことも「誠実」に含まれると思います。

では、企業経営における「誠実」とは、社会に迷惑をかけない。
お客様、社員を大切にする。ということも「誠実」な経営の一つ
だと思います。

今日も、お客様、仲間の為に誠実な仕事を行っていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。