あんなことがあったからこそ (150827)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

芳村思風一語一会より
———————————————————-
あんなことがあったからこそ。
人生は解釈力で決まります。過去の出来事や苦しかったことを、
「あんなことがあったからこうなってしまった」ではなく「あん
なことがあったからこそ今がある」と考えられるかどうか。

「あんなことがあったからこそ」と考えられた時、未来だけでな
く、過去も変わる。

物ごとには、どんなものでも二つの側面があります。
臆病な人と慎重な人。
頑固な人と意志が強い人。
優柔不断な人と思慮深い人。
行き当たりばったりと臨機応変。
明るい人と軽い人。
統率力がある人とワンマン。

同じような性格でも、プラス面を見るのとそうでないのとでは、
全く違ってきます。

人間は、ほめられると、その人の前ではその面をだそうとして、
ついつい意識してしまいます。明るい人でも、いつもどんな時で
も、どんな人とでもそうとは限りません。常にゆらいでいます。

宇宙には、秩序を求める働きがあります。片方に触れすぎると元
へ戻そうとする働きです。プラスとマイナスがバランスを取り合
っているのです。

どんな素晴しい改革も不利益を受ける人間が半分いる。かといっ
て変化しなければ成長はない。

どんな素晴しい改革でも不利益がいる人が半分いることを自覚し
て、その人たちのことを考えながら、改革を進めていくこと。

事件や犯罪があるから、どうすれば事件や犯罪を防ぐことができ
るか、減らすことができるかと考えることで、社会は発展するの
です。

問題が起こることで、修正すべき点や改善すべきことがわかるの
です。

プラス思考だけでなくてもいい、時にはマイナス思考になるとき
もある。プラスもマイナスも含めて、不完全を生きる。矛盾を内
包した真実の世界を生きる。

命の痛みを伴った体験は、眠っていた潜在能力を目覚めさせ、経
験として活かして人間を成長させてくれるのです。

人間力とは、ものごとの解釈力のことです。
———————————————————-

今日も、いろいろある人生の中の一日。どう解釈するかは自分次
第。他人が解釈してくれませんね。解釈力を磨いていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。