メモを取る、記録に残す (150909)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

PHP10月号裏表紙の言葉より
———————————————————-
「記録」
いくら懸命に、思いをこめて語っても、言葉は発したそばから消
えていく。だから聞いたほうはそのときの感銘が次第に薄れてい
くし、自分自身でさえ自らが考えたこと、口にした内容を忘れて
しまうことが少なくない。

どんな貴重な体験やすぐれた発想であろうと、言葉で話しただけ
であったり、その人の頭の中にしかないものは、いつか消えてな
くなってしまう。

そうならないようにするには、記録に残すことである。

豊かな文化を育み、よりよい社会を築くのは、人々の体験や思索
と、そこから得られた知恵の蓄積。だが実際は、これまで多くの
人たちの思考や体験が生かされないまま失われている。考えてみ
れば、非常にもったいないことだといえよう。

今日では、誰もが自分の経験やアイデアを記し、広く発信するこ
とのできるさまざまなツールが存在している。自分に合った方法、
手段を活用して、積極的に新たな見方や学びを与えあい、癒しや
喜びをもたらしあっていこう。

それがひいては世の中のプラスとなり、お互い共同生活のさらな
る向上、発展につながっていくにちがいない。
———————————————————-

僕は、左の胸ポケットにいつも小さなメモ帳を入れています。歩
いている途中とか、ふとした瞬間に思い出したことなど、直ぐに
記録するようにしています。

後から思い出そうとしても、思い出せなくなるからです。記録は
必要です。

今日も、仕事効率向上の為、メモ(記録)を取っていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。