鏡の前の自分に笑いかけてみる (151004)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

ブラッシュアップ仕事術。若手社員へ贈る33の心得より
———————————————————-
「どんな時も笑顔を忘れるな。鏡の前の自分に笑いかけてみよう」

ある人がいいました。世の中には伝染しやすいものが三つあると。
一つ目は、あくび。二つ目が、不機嫌。そして三つ目が笑顔。

いずれも周りにすぐ影響することは、誰でも経験するところでし
ょう。どうせならあくびより、不機嫌より、笑顔で投げかける人
になりましょう。

笑顔の人が一人でもいると、それが波紋のように広がって、周囲
の人もだんだん笑顔になっていくようです。そしてなんとも心地
よい雰囲気が笑顔を発して人を中心に漂ってくるのです。

あるとき、ある団体が主催する企業の社会責任を考えるフォーラ
ムに参加しました。そこで見たものは、受付から案内、来場者の
応援まできびきびと働いている社員の姿でした。

すべての動きが折り目正しく洗練されており、なによりみんなが
引き締まった「いい顔」をしていることに目を瞠ったものです。き
っとお互いが切磋琢磨しあい、よい点を学びあっていく中で、表
情や立ち居振る舞いにも相乗効果がもたらされたのではないでし
ょうか。

職場生活に必要なものは、「折れない心」でしょう。でも、はじ
めから自分の想い通りになることなど、あるわけがありません。
若いときは失敗することもいっぱいあるでしょう。そんなとき、
心はつい折れそうになるでしょうが、あえて鏡の前に行き、自分
にニッコリ笑いかけてみるのです。すると、なんとなく元気が出
てくるものです。

ほんとうの強さとは、弱きを見せず、「負けるものか」とひとり
で頑張り通すことではなく、思い通りにいかないことも、淡々と
受け入れ、ニッコリ笑顔で生きていくことかもしれません。

心の筋力が硬直していては、いざというとき、折れてしまうでし
ょう。笑顔の美しい人は、心の筋力もしなやかです。

真に魅力ある人とは、そういう人ではないでしょうか。そしてそ
ういう人を周りは決して放っておかないものです。
———————————————————-

今日も、鏡の前でニッコリしてみましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。