人生は「未知との遭遇」によって豊かになり彩られる (151216)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

未知との遭遇が人生を彩る。倫理研究所 丸山理事長の記事です。

———————————————————-
人生は「未知との遭遇」によって豊かになり、また彩られる。

「未知」には、それまで見たことも聞いたこともないもの、初め
て体験すること、考えも予想も出来なかったものが含まれる。

子供は好奇心にあふれている。感性を全開にして生きている。だ
から日々、未知なるものと遭遇し、その経験を内部に蓄えて成長
する。

大人になるにしたがって、未知との遭遇は減っていくように思え
るが、けっしてそんなことはない。日々は新しい。以前と同じよ
うなことが起きても、自分が以前と違っていたら、そこにまた未
知との遭遇が起こる。

ところが、好奇心が薄れたり、自分の変化を厭うような大人は、
未知なるものと遭遇しても気づかない。気づこうとしない。起き
た出来事を自分のフィルターにかけ、「アタマ」で判断し、受け
容れ可能なものだけに心を開こうとする。気に入りそうにないも
のはハナから捨ててしまう。だからあまり驚かない。毎日が退屈
だと嘆くことにもなる。

未知なるものにもいろいろあり、人によって感じ方は異なる。あ
まりにも強烈な未知との遭遇であれば、直ちに受け容れがたいの
は当然だろう。
———————————————————-

日々、同じような事の繰り返しで生きているように思う事も、気
持ちの持ちようで新鮮に感じ、未知なるものと受け容れることが
できるように思います。

若さを無くしていく一つに、「好奇心」がなくなると老いる。と
も言われます。

道端に咲く花にも、未知なる遭遇という新鮮な感性を養っていき
たいものと思います。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。