イライラは損するだけ (160129)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

イライラは損するだけ。精神科医で感情のコントロールに詳しい
和田秀樹氏は「日本人はイライラを発散させずに心にため込みが
ち。ため込み続けて沸点に達すると、無関係な人にまで怒鳴り散
らす最悪のケースに陥ることもある」とイライラグセの危険性を
訴える。

職場でイライラしている人が一人でもいると、それだけで周囲の
緊張感が高まり、仕事の効率が落ちます。当然、本人も集中力や
判断力などが低下し、仕事が進みません。イライラすると、交感
神経が興奮し始めて、さらにイライラしやすくなるといいます。

「イライラしがちな人は、他人に対して高い要求をするが、自分
にも厳しい。だから頑張り屋で優秀な人が多い。それだけに、対
人関係が悪くなるのは惜しい」と和田氏は言います。

最も大切なのは、イライラの原因と正面から向き合わないように
すること。つまり、うまく「いなす」のがいいそうです。

イライラグセを直す3つの行動
1.イライラの原因を上手に“いなす”
イラッとした瞬間は、一方的に話を決め付けず、様々な可能性を
考え、結論を急がないこと。「そうとは限らないかも」「この状
況から得られる利点は?」など、違った視点で思考を巡らせるこ
と。

2.はけ口を探して吐き出す
イライラをため込むのが最も危険。可能であれば、愚痴を言える
「はけ口」になる相手を探すこと。

3.儀式や癒しを用意しておく
自分に適したリラクゼーションテクニックをいくつか用意してお
く。一番手軽なのは「深呼吸」。

今日も、イラッときたら深呼吸をして、上手にいなしていきまし
ょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。