自分への問い (160207)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

致知一日一言より
———————————————————-
逆境に遭遇しても、それを先々の発展につながる試練として与え
られたものなのだと受け取り、むしろ幸運として受け止めて感謝
するか。それとも災難に打ちひしがれ、恨みつらみの底に沈むか。
目の前に現れる現象にどう対処するかによって、そこから先の運
命が大きく変わる
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
稲盛和夫(京セラ名誉会長)

最近興味深く聞いた二つの話があります。一つは渋沢栄一翁の得
意話、もう一つは海軍大臣で戦前から戦後にかけて学習院院長だ
った山梨勝之進という人の話です。

山梨勝之進という人は、昭和34年から51年までの間、82歳
から90歳になろうとする頃まで、海上自衛隊幹部学校で講話を
行ったそうです。一回の準備に三か月もかけたといいます。講話
中は椅子やマイクをすすめられても、一切使わず、メモもなしだ
った。

「山梨さんはどうしてそんなにお元気なのですか」と聞かれた際
の答えは、こうなんです。

「人間は、使命感がなくなると、頭がボケてしまいます」

この話に、頭をガンと殴られる思いでした。当時、たかが45歳
でベテランなどといっていた自分が恥ずかしくなりました。もう、
そろそろ野球人生も終わりに近い――なんて、いってられない。

確かに、現役生活は終わりました。しかし、”野球を人間の営み
のひとつとして、追求する作業は残っている”。その作業を謙虚
に正直にやってゆけば、いままで私に野球をさせてくれた人たち
への恩返しができるのではないか、そう思うのです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

※野村克也著『人生を勝利に導く金言』(致知出版社刊)より
———————————————————-

今日も、自分への問いかけで過ごして行きたいと思います。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。