成長を支える根 (160303)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

3月は季節も冬から春へ、そして人の動きも卒園、卒業式、歓送
迎会など入れ替わる次期です。

そんな中で、付属小学校の掲示板に「成長を支える根」という記
事が掲示されていました。紹介します。
———————————————————-
進学・進級を間もなく迎える時期になりました。それぞれの夢と
いう花を咲かせるために、子どもたちは、自分自身の枝を伸ばそ
うとしています。

枝を伸ばして成長しようとする子どもたちを支える根となったの
は、学校や家庭、そして地域の中での「人とのかかわり」の経験
でした。

それは次のようなものでした。

<不安を乗り越えるための根>
○入学したてのころは、違うバスに乗ったり、登下校中に転んで
けがをしたりしていました。
あのとき、地域の方に温かくお世話していただいたことで、不安
が消えて、安心して登下校をすることができました。

<社会に愛着をもつための根>
○恥ずかしがりやで、なかなかあいさつができませんでした。
でも、二年生の町探検や、三年生の社会科の学習で地域の方に何
回も声を掛けていただくうちに、親しみがわいてきて、あいさつ
をすることができるようになってきました。

今年度も、付属小学校の子どもたちに、様々な形でかかわってい
ただき、ありがとうございました。

おかげさまで、子どもたちは、着実に成長することができました。
来年度も、子どもたちが地域の中で豊かな経験ができるように、
地域の皆様により一層深くかかわっていただければ幸いです。
———————————————————-

小学校時代の体験は、成長していくための「根っこ」になります。
周りの大人がどのように関わっていくかで、その子の人生に大き
く影響を及ぼすといっても過言ではないくらいです。

人間の人生脚本は10歳ぐらいまでに作り上げられるといいます。
あとは、つくられた脚本どおり歩んで、その人の人生となるよう
です。脚本はその人の気づきと努力で、つくりかえることもでき
ます。

「人とのかかわり」大事ですね。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。