及ぼすながらも力をつくす (160323)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

僕には、座右の書が何冊かあります。気持ちが落ち込んだりした
時、ふと自分に問いかけるとき、パッとページをめくります。

その時、飛び込んだタイトル、ゴシック体の文字、文書、言葉が
まさに自分と向き合わなければならない課題だったりします。

今日は「道をひらく」を開きました。決して落ち込んだりはして
いませんので、あしからず(笑)

———————————————————-
「力をつくして」
どんな仕事でも、一生懸命、根かぎりに努力したときには、何と
なく自分で自分をいたわりたいような気持が起こってくる。自分
で自分の頭をなでたいような気持になる。

きょう一日、本当によく働いた、よくつとめた、そう思うときに
は、疲れていながらも食事もおいしくいただけるし、気分もやわ
らぐ。ホッとしたような、思いかえしても何となく満足したよう
な、そして最後には「人事をつくして天命を待つ」というような、
心のやすらぎすらおぼえるものである。

力及ばずという面は多々あるにしても、及ばずながらも力をつく
したということは、おたがいにやはり慰めであり喜びであり、そ
していたわりでもあろう。

この気持ちは何ものにもかえられない。金銭にもかえられない。
金銭にかえられると思う人は、ほんとうの仕事の喜びというもの
がわからない人である。仕事の喜びを味わえない人である。喜び
を味わえない人は不幸と言えよう。

事の成否も大事だけれど、その成否を超えてなお大事なことは、
力をつくすというみずからの心のうちにあるのである。
———————————————————-

今日も、夜寝るとき、自分の頭を自分で撫でてあげたい気持ちに
なるよう力をつくしていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。