コミュニケーションの質と量を高める (160426)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

コミュニケーションエナジー湯ノ口代表より
———————————————————-
「我々幹部は毎日、数時間を共に過ごし、他の時間はそれぞれ自
分のチームと仕事をする」という形にすれば、もっと仕事がスム
ーズに進むと考えました。ラリー・ペイジ(Googleの共同創業者)

多様性やスピード社会と言われ続けている昨今で、もっとも重要
なことはリアルタイムに意思の疎通をはかることです。

それも、組織の進むべき方向性や具体的な意思決定などは、日々
変化している現状の波に積極的に乗っていかなければならないと
感じています。

勿論、現状の変化に振り回されてはいけませんが、これらを防ぐ
為にも、コミュニケーションの質と量を高めることです。

日々多忙に活動している経営者・経営幹部ほどタイムリーにかつ
徹底して深く語りあうことが求められると思います。
———————————————————-

東芝に次ぐ三菱自動車の燃費改ざん。日本の大企業で一体何が起
きているのでしょうか。

そこには、経営者と幹部のコミュニケーション、部署の上司と部
下のコミュニケーション、他部署間のコミュニケーションの希薄
さに起因していると言われています。

その為にも「コミュニケーションの質と量を高める」こと。量が
多くなれば質も必然と良くなっていきます。

今日も、コミュニケーションの質と量を高めていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。