初任給研修を通して (160427)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

一昨日の25日は、新入社員お二人の初任給研修でした。人生の
内でただ一回の初任給。僕も忘れはしません。18歳で初めても
らった現金での初任給。そのままレコード店に行って好きなレコ
ードを買ったことを今でも覚えています。

お二人の初任給研修レポートが挙がってきましたが、やって良か
った。と実感しました。それぞれに味があるレポートでした。

当日にリハーサルを行いましたが、いきなり本番だと照れもあり、
うまく気持ちを伝えられない場合もあります。一回流しておくと
本番もうまくいくようです。

みなさんの初任給は覚えていますか。あえて研修としてして取り
組む事で、照れくさいことも恥ずかしいことも乗り越えて実行で
きます。

親への感謝の気持ちというのは、中々言葉と声にして伝える機会
が少ないものです。親もいて当たり前。といった自己同質化して
しまうと感謝の気持ちが薄らいでいきます。

お二人もこの事は、一生記憶に刻まれたことと思います。親を大
事に感謝しない子は、大した人間にはなれません。

どんな親であっても、親あっての子(自分)です。

今日も、当たり前に感謝する一日を過ごしていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。