深層学習フレームワークが誰でも使える時代に (160511)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

深層学習フレームワークが誰でも使える時代に。多層のニューラ
ルネットワークに大量のデータで機械学習を施す「深層学習(デ
ィープラーニング)の実現を支援するソフトウェア群。

深層学習フレームワークは、現在の第3次人口知能(AI)ブー
ムを牽引する象徴といえます。著名なものに、米カリフォルニア
大学バークレー校の「Cafe」、米フェイスブックなどが貢献する
「Torch」、Preferred Networksの「Chainer」、米グーグルの
「TensorFlow」などがあります。

これがいずれもオープンソースとして公開されている点です。企
業や技術者が深層学習が身近になった原因とも言われています。

そして2016年の大きな動きとして、米マイクロソフトの参入
です。1月に「ComputationalNetworkToolkit(CNTK)をOSS
として公開しました。

Skype会話の自動翻訳、顔写真による年齢判定など、深層学習を
使った様々なクラウドAIサービスが提供されています。

深層学習フレームワークを使いこなすために必要なITインフラ
の整備も今後進んでいくでしょう。

身近に人口知能(AI)が使える時代に入りました。となると更
に人間は考えることを止めてしまうかもしれません。人口知能が
入ることができない人間の感覚や心の領域に、踏み込んだ商品や
サービスが今後出てくると思います。

これ以上、生活が便利になって果たして幸せなのでしょうか。テ
クノロジーの進歩に、人間がついていけない時代に入ったとも言
えるでしょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。