男性と女性の違い (160606)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

男性と女性の違い。そもそも脳の構造の違いによって生じる現象
のようです。脳科学の分野が発達し、いろいろと違いが可視化で
きるようになりました。

倫理という冊子から、キョウエイ特任研究員が書いていた記事で
す。
———————————————————-
「人間関係やコミュニケーション能力を司る脳の使用部位が成年
男女ではまったく違う」ということであろう。この脳の使用部位
(構造)の違いから、男女の物事に対する感じ方、考え方、行動
のパターンも違ってくるという。

男性は脳の前後(特に小脳)を利用することが多い。これによっ
て、一つの物事への集中力や瞬時の判断が得意であるようだ。

女性は右脳と左脳を同時に利用するのが普通である。これによっ
て、総合的判断や幅の広い視点から捉えることが得意である。

例えば、あるグループの問題を解決するに当って、男性は目標指
向が強く、口頭表現が少なめで、単刀直入式で単独な行動をとる
パターンが多く見受けられる。

それに対して、女性はもっと効果的にコミュニケーションをとる
ことによって人々の感情を直観的に理解し、この理解によって周
りを動かし、事態の解決につなげていくことが多い。

長年の連れ合いであっても、相手のことが「到底解らない!」と
いう理由で熟年離婚に至った、というような残念なケースも現実
にある。

個人差はあるが、相手の気持ちが解る、と共感できるのは、ある
意味で女性の特技だと言っても過言ではない。逆に言えば、この
ような「特殊能力」は男性的な脳には備え付けられていない。

女性は自分の恋愛相手に「何で解ってくれないの?」とイライラ
し、逆に男性は「なぜそこまで解るの?」と不思議でたまらない。

双方とも相手のことを不可解だと思わせていたのは、ここに挙げ
た男女の脳の違いにあるのかもしれない。
———————————————————-

職場内や家庭において、男女間の良いコミュニケーションをとる
ために、脳の構造の違いを理解すると、相手を理解できるのかも
しれません。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。