人間関係に処するときの心の置き所 (160612)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

人間を磨く。田坂広志著書より
———————————————————-
人間関係における、不和や不信、反目や反発、対立や衝突、嫌悪
や憎悪などの痛苦な経験は、その処し方を間違えなければ、人間
を磨き、人間力を高める最高の機会になる。

逆に、処し方を誤るならば、自分の人間性を寂しい次元に落とし
てしまうこともある。

では、その別れ道は何か?「人間関係に処するときの心の置き所」
それが別れ道になる。

ここで、「心の置き所」とは、「心得」「心構え」「心の姿勢」
「心の在り方」とも呼ばれるもの。それは、「人間として、かく
あるべし」といった大仰なものではなく、ほんの小さな「こころ
の技法」と呼ぶべきものである。

それは、日々の仕事や生活において、人間関係の問題に直面した
とき、思い出し、少しだけの努力で実践することのできる「ここ
ろの技法」でもある。

以下、七つの技法を紹介する。

第一の技法:心の中で自分の非を認める。

第二の技法:自分から声をかけ、目を合わせる。

第三の技法:心の中の「小さなエゴ」を見つめる。

第四の技法:その相手を好きになろうと思う。

第五の技法:言葉の怖さを知り、言葉の力を活かす。

第六の技法:別れても心の関係を絶たない。

第七の技法:その出会いの意味を深く考える。
———————————————————-

今日も、心の置き所を意識して、過ごしていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。