脳細胞は年を取っても減らない (160615)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

脳細胞は年を取っても減らない。「年を取れば取るほど神経細胞
が減っていく」というものがありますが、これは都市伝説であり、
誤解である。という記事を読みました。

現代の脳科学の発展により、科学的にも立証されているようです。

確かに、神経細胞の数は新生児が多く、高齢者では少ないが、こ
れは徐々に減った結果ではない。ということです。生後3年間が
ポイントであり、生まれ持った神経細胞の70%は、3歳ごろま
でに間引きされ、それ以降はほとんど神経細胞は死なない。とい
うことです。

その代わり、3歳までに生き残った30%の神経細胞を、一生使
い続けます。100歳に至っても神経細胞は目だった減少は見ら
れません。

アルツハイマー病などの認知症では、確かに神経細胞が脱落しま
す。これは病気です。現実には、認知症を発症しない人の方が多
いのです。

健康番組や健康雑誌で、老年性疾患の病現象を見て、愕然とした
経験のある方もいるかもしれません。しかし、必ずしも自分の脳
に生じている訳ではないということを知っておく必要があります。

最近、物忘れが多くなった。といって認知症を疑うのではなく、
脳の鍛え方が足りないのでは?という風に解釈し、手書きや読書
など、脳を活性化する実践に意識を向けた方が良さそうです。

今日も、脳を活性化するべく実践を意識していきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。