神様から命や役割を与えられた存在と信じる (160820)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

致知9月号。人生を照らす言葉(連載記事より)
———————————————————-
私たちは生きる中で、いろいろな欲望に振り回されたり、利害関
係、周囲の評判にとらわれたりすることがあります。正しいと思
う簡単なことでも、周囲の目を気にしていてはなかなか実践でき
ません。

私たちの本心はそれがいけないことだと知っていますから、そこ
に「自分は何という駄目な人間なのだろうか」という自責の念が
うまれます。

そういう弱い部分を持ち合わせた私たちですが、自分の中心軸を
しっかり定めることによって、正しい考えや行動をすることがで
きるようになります。

中心軸を定めた生き方とは、自分が神様から命や役割を与えられ
た存在であると信じ、他人や環境、自分自身を責め裁くのをやめ、
いま。目の前の出来事に精魂を込めて打ち込み、目の前のいる人
たちに心を込めて対応していく生き方です。

そういう姿勢を貫いていけば、いつの間にか欲得や利害から解放
され、周囲の人々をも感化できる存在になることでしょう。
———————————————————-

筆者は、国際コミュニオン学会名誉会長 鈴木秀子さんです。人
間の心の葛藤、あるいは本質を突いた言葉であると思います。

人間は弱い。僕も弱い。ただ神様からの役割(使命感)に気づく
と、弱い自分を認めつつ、強くなれるのだと思います。

今日も、心の葛藤で、自分を認めていきましょう。


 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。