「光BOX+ HB-1000」対応の自治体向けシニア見守り・生活支援アプリをリリース

NTT西日本のセットトップボックス 「光BOX+ HB-1000」に対応した
自治体向けシニア見守り・生活支援アプリをリリース

 

株式会社ドゥアイネット(本社:長崎県長崎市、代表取締役:土井 幸喜、以下 ドゥアイネット)は、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下、NTT西日本)のセットトップボックス「光BOX+ HB-1000」に対応した自治体向け高齢者見守り・生活支援アプリ「mi-mo(ミーモ)」をリリースしました。

 

スマートひかりタウン

 

「mi-mo(ミーモ)」は、テレビの電源状態(ON/OFF)による見守り機能と、生活情報や行政情報を容易に取得できるようにしたシニア向けの見守り・生活支援アプリです。

【「mi-mo(ミーモ)」アプリ概要】
アプリ名称:mi-mo(ミーモ)
対応プラットフォーム:NTT西日本「光BOX+ HB-1000」
主な機能: 
・情報配信:役場からのお知らせ/回覧板/地域情報/天気予報/緊急情報
・動画配信:ふるさとビデオ劇場
・安全確認:見守りボタン


【「光BOX+ HB-1000」商品紹介】
NTT西日本「光BOX+ HB-1000」の詳細は、下記リンクをご参照ください。
http://www.ntt-west.co.jp/kiki/hikaribox/

【開発協力について】
本アプリは、長崎県が開発したアプリケーションソフト「ふるさとチャンネル」をもとに、カスタマイズ及び独自機能を追加開発し、商品化したものです。ドゥアイネットは、長崎県より「ふるさとチャンネル」使用権の許諾を得ています。

長崎県「ふるさとチャンネル」の詳細は、下記リンクをご参照ください。

地域支え合い(I)CTモデル事業
http://www.pref.nagasaki.jp/joho/ict/index.html

アプリケーションのご紹介
http://www.pref.nagasaki.jp/joho/ict/ict_app.html

ドゥアイネットでは、今後お客様からのニーズに応じて機能を拡充していきます。


【株式会社ドゥアイネット 会社概要】
会社名 :株式会社ドゥアイネット
URL :http://www.doinet.co.jp/
代表者 :代表取締役 土井幸喜(どいゆきよし)
創業  :平成9年4月
資本金 :1,000万円
本社  :〒852-8153 長崎県長崎市千歳町21番6号
事業内容:アプリ開発、SFA・CMS導入コンサルティング

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ドゥアイネット 担当:井川
E-mail:info@doinet.co.jp TEL:095-843-8214

NTT西日本のセットトップボックス 「光BOX+ HB-1000」に対応した

自治体向けシニア見守り・生活支援アプリをリリース


 

その他の【ニュース&リリース】

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。