ニュースレター10月号を発刊しました!

┌──┐
│目次│
└┬─┘
 ├● 社長メッセージ        ― 10月号ニュースレター発刊にあたって
 └● 今月のITトレンド

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● 社長メッセージ ●
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    2015年10月号ニュースレター発刊にあたって
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                            代表取締役 土井幸喜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いよいよ来月下旬より全国民に「マイナンバー」の通知が開始さ
れます。個人には12桁、法人には13桁の番号が告知されるよ
うです。国や行政機関が集中管理しやすくしようというマイナン
バー制度。

では個人の場合はどんなメリットが生まれるのでしょうか?残念
ながら直ぐに便利さを実感することはないようです。マイナンバ
ーの導入は、本格的な電子政府を構築するためのインフラ作りが
最大の目的です。しかし長いスパンで考えれば、あらゆる手続き
がマイナンバーを介してできるようになり、国民生活は便利にな
っていくと思います。

マイナンバーの管理ですが、国民は12桁の番号を守るという義
務が発生します。個人の責任で守ることを求めています。それは、
企業側も同じです。社員と扶養家族の源泉徴収票や社会保険の手
続きを代行する際に、マイナンバーを記載しなかればならないか
らです。

企業側が漏洩した場合、最大で「四年以上の懲役または二百万以
下の罰金」とする罰則も設けました。

9月から行われた国勢調査もインターネットでの回答を推奨して
います。回収や集計のコスト削減が期待できます。今後あらゆる
場面で登場してくる「マイナンバー」。酔っぱらっても自分の番
号は漏らさないようにしたいものです。その前に12桁を覚えな
いといけませんが(笑)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● ロボットがビジネスの現場に登場! ●
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                      ソリューション営業部 部長 井川吉嗣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさん、こんにちは。
ドゥアイネットの井川です。

ビジネスで活躍するロボットは、産業用ロボットが先行していましたが
いよいよコミュニケーション型の接客ロボットが実用化されようとしています。

ソフトバンクが、感情機能を備えた人型ロボット「Pepper」法人向けモデルの
申し込みを2015年10月1日から受け付けると発表しました。

1日の接客数、年齢、性別、説明した時の顧客の反応などの情報を収集したり
どのセールストークが効果的かを検証する「A/Bテスト」の実施機能など
より科学的な接客アプローチが可能になるそうです。

先日、長崎駅アミュプラザに1日館長として来ていたのを見かけましたが
みなさん興味津津で多くの人を集めていました。

その時は、決められた会話パターンを繰り返すだけのようでしたが
本来であれば、ディープラーニングといわれる人工知能技術によって
臨機応変な対応ができるようになるのだと思います。

人工知能技術は非常に優れモノで、以前「PARLO」というロボットの
デモンストレーションを見たことがあるのですが、相手の顔、声、会話内容を
覚えていて、その経験値を生かした個別対応の会話を実現していました。

人間に比べてロボットの方が警戒心を持たれにくいという報告もありますし
個別対応もできるとあっては、それはそれは優秀な接客係になるでしょう。

今のところ、店舗案内や介護系での活用が先行しているようですが
あらゆる業種での活用が予想されます。

この分だと、ロボットと一緒に働くようになるのも
そう遠くないかもしれませんね。楽しみです。

▼Pepper for Biz
http://www.softbank.jp/robot/special/biz/

▼PALRO(パルロ)
https://palro.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

その他の【企業情報関係】

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。