ニュースレター2月号を発刊しました!

┌──┐
│目次│
└┬─┘
 ├● 社長メッセージ―2月号ニュースレター発刊にあたって
 └● 今月のITトレンド

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 社長メッセージ ●
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    2015年2月号ニュースレター発刊にあたって
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                            代表取締役 土井幸喜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
IoTビジネスモデル革命。小林哲倫著に、今注目を集めている
IoT(Internet of Things)ビジネスモデルが書かれていました。

いろんなものがインターネットに接続されるようになると、
どんな商品、サービス、ひいてはビジネスモデルが出現するのでしょうか。

———————————————————-
体温計をスマホとつないだら?米国のベンチャー企業キンサは、
スマートフォンに接続して使う「スマート体温計」を開発した。
これは、測定結果をスマートフォンに送り、
アプリを使って家族全員の体温データを管理できる。

赤ちゃんの起床時間を予測するデバイススプラウトリング」という機器がある。
赤ちゃんの足首に装着して使うデバイスで、センサーを通じて心拍数、体温、身体の動きと
向きを把握し、スマートフォンにデータを転送する。
スマートフォン側では、これらのデータを処理し、赤ちゃんの状態などを把握できる仕組みだ。

ハイアールのIoTコインランドリー
利用者向けとオーナー向けのサービスがあり、利用者には洗濯や乾燥が終わる直前に
メールが届いたり、Web上でどの店が空いているかを知ることができるようになっている。
———————————————————-

著書では、まだ多くのビジネスモデルが紹介されていましたが、
今までは、メール配信など人が判断して通知していたものが、
機器が判断し自動で送信するようになっています。
人を介さずに機器とのやり取りができると、更に便利になるようです。

「○○とインターネットが接続されるとこんなサービスができる」
といったビジネスモデルがこれから多く出現するでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ● クラウドファンディング ●
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                     ソリューション営業部 部長 井川吉嗣
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさん、こんにちは。
ドゥアイネットの井川です。

新たな資金調達法として、
クラウドファンディングが勢いを増しています。

クラウドファンディングとは、群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)
という言葉を組み合わせた造語で、インターネットを通じて不特定多数
の人から資金を集める仕組みを指し、

東日本大震災を契機に、社会貢献性や共感性の高いプロジェクトが
多数起案されたことを背景に本格的に広まったと言われています。

集まった支援額の推移を見てみますと、
2012年69億、2013年123億、2014年197億、2015年283億と
なっており、今後も拡大が続いていく気配です。

さて、このクラウドファンディングですが
一人当たりの出資額が数千円〜数万円と少額に設定されているため
より多くの支援者を集めないと、まとまった金額にはなりません。

沢山の支援金が集まるということは、それだけ共感する人が多い
ということなので、おそらくそのプロジェクトは成功するでしょう。

反対に支援金が集まらないということは
共感を呼ばない失敗確率の高いプロジェクトということなので
やめておいた方がいいでしょう。

このように市場の反応がわかるのも良い点なのかもしれません。

ちなみに、長崎のプロジェクトがありましたのでご紹介。
賛同される方はぜひご支援を!

▼海女と釣師の夫婦の挑戦。壱岐島で初のゲストハウスを作りたい!
https://readyfor.jp/projects/6309

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

その他の【企業情報関係】

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。