「忠信孝悌」の道を重んずることが人格養成(110806)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

渋沢栄一氏のの言葉に「忠信孝悌」(ちゅうしんこうてい)とい
うのがあります。「忠信孝悌」の道を重んずることが、人格養成
法とまで言っています。

また「忠信孝悌」とは、論語が重んじた人としての徳目でもあり
ます。

「忠」とは、中する心。即ち何事にもまごころを尽くす、全力を
尽くすということ。この「忠」が、人に向かった時、「恕」(お
もいやりになります。

「信」は信頼、信用です。信がなければわらゆるものは成立しま
せん。

「孝」は親孝行をすることです。「孝」は人格の基礎をつくりま
す。親不孝に成功者はいません。

「悌」は目上の人に従順であることです。

以上が、渋沢栄一氏の体験から得た哲学です。

「忠信孝悌」人格を磨いていきます。

 

その他の【サービス&ソリューション】

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。