力強いチームワークで仕事にあたる(130323)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

今週の倫理です。
———————————————————-
慶応義塾大学の小林良樹教授(国際関係論・社会安全政策)は、
東日本大震災の影響による福島第一原発事故関連の調査を行ない
ました。

原子炉建屋の爆発直後に住民の救出や避難誘導に当たった福島県
警の警察官125人の68%は死の恐怖を感じ、41%は任務の
放棄も考えていたことがわかりました。

任務放棄を考えたのは、「自分や家族の安全を心配したため」と
いうのが、そのほとんどの理由でした。ただし実際に現場を離れ
た警察官はいませんでした。

小林教授は「日頃から良好だった職場の人間関係が、連帯感や使
命感を生む土壌になった」と分析しています。「警察は逃げるわ
けにはいかない。覚悟してくれ」「最後まで務めを果たすぞ」な
ど、幹部の指示や励ましも心の支えになったともいいます。

私たちの職場においてはどうでしょうか。従業員による事故や取
引先の倒産など、突然のトラブルに巻き込まれ、窮地に立たされ
ることがあるかもしれません。不測の事態が生じた際に、どうい
った対処がとれるかは、普段、仲間とどのように付き合っている
かにかかっていると言えましょう。

「阿吽の呼吸」「以心伝心」など、日本では言葉はなくとも心が
通じ合う関係があるとされます。しかし、普段から自分の気持ち
を伝える習慣がなければ、相手とのコミュニケーションを維持す
ることはできません。

職場において、チームワークを良いものへと向上させるには、い
くつかポイントがあります。その一つは、相手の美点を見つけ、
それを伝える習慣をつけることです。

米国の大実業家で、多くの自己啓発書を著したデール・カーネギ
ーは、「自己重要感を与えることが、人を動かす不滅の法則であ
る」と述べています。「私たちは相手に自分のことをもっと深く
知ってほしいと願っている」という意味です。

「君は本当によく仕事をしてくれるね」など、相手から自分へ理
解を示されることは、誰もが望むことでしょう。表向きはそうし
たことを口に出さない人でも、心の奥底では自尊心の充足を求め
ているものです。

また、人に対して改善点を指摘する場合でも、ちょっとした工夫
をするだけで、より良い人間関係を築くことにつながります。そ
れは「どういうタイミングで、どのような表現で伝えるか」とい
う工夫です。

急に予定外の仕事を頼まれた時に、「次からはもっと早く言って
くれないと困る」と感じたとしても、そのままストレートに言う
のでなく、「前倒しで予定を教えてもらえると助かります」と明
るく肯定的な表現のほうが、両者の関係をこじらせずにすみます。

言葉というものは、使いようによっては相手を傷つける刃にもな
りかねませんし、逆に少々の工夫をするだけで、絆を強くする金
の糸にもなります。

力強いチームワークで仕事にあたれるようになるためにも、普段
から相手への理解を深めていきたいものです。前向きな言葉によ
るコミュニケーションが自然と滲み出るよう心がけていきましょ
う。
———————————————————-

今日は平成25年度新入社員の入社式です。新しいメンバーが加
わることは、嬉しいものです。チームワークを意識して迎え入れ
ましょう。

 

その他の【サービス&ソリューション】

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。