一字に生きる (131201)

親愛なるみなさん、おはようございます。今日もツイてます。

「君子の条件“文、行、忠、信”」安岡定子(こども論語塾講師)
『致知』2013年12月号連載「子供に語り継ぎたい『論語』
の言葉」より

———————————————————-
子、四を以て教う。文、行、忠、信。

先生(孔子)は常に四つの教育目標を立てて弟子たちを育てられ
た。文、行、忠、信がそれである。

今回紹介するのはとても簡潔な言葉ですが、孔子の教えがここに
凝縮されているといってよいくらい、奥の深い章句です。

文はその言葉のように学ぶこと(学問)、行は行い、実践です。
では忠、信とはどういう意味なのでしょうか。

忠、信という言葉が出てくる章句を『論語』に求めると、学而篇
の次の言葉が思い浮かびます。

「忠信を主とし、己に如かざる者を友とすること無かれ」

(真心と信頼を第一とし、安易に自分より知徳の劣った者と交わ
っていい気になってはいけない)

同じ学而篇には、孔子の晩年の弟子である曾子による、

「吾日に吾が身を三省す。人の為に謀りて忠ならざるか、朋友と
交わりて信ならざるか、習わざるを傳うるか」

(私は毎日、自分をたびたび省みている。人のためを思って真心
からやったかどうか、友達と交わって、偽りはなかったか。また
習得しないことを人に教えるようなことはなかったか)

という章句があります。

このように忠とは真心や己を尽くすこと、信とは偽らない心を言
います。

「忠信を主とし」とは忠、信を自分の中心にしっかりと据えて拠
り所にしなさい、という意味ですから、孔子自身がこの二文字を
とても大切にしてきたことが分かります。

誰よりも孔子を尊敬し、孔子から大きな期待を寄せられた曾子が
その忠、信の大切さについて強調して述べていることも興味深い
でしょう。

もう一つ、注目したいのは「子、四を以て教う。・・・」の章句
が孔子自らの言葉ではないことです。

孔子の教えや生き方をよく学んでいた門人が「先生はいつも文、
行、忠、信について教えられていた」と発言しているのは、孔子
がこの四つを平素からいかに大切にしていたのか、という証でも
あるのです。

誰が発した言葉だったのかは記されていませんが、孔子の教えの
ポイントをぎゅっと掴むことのできた、とても聡明な門弟だった
ことは間違いありません。
———————————————————-

“文、行、忠、信”。深い一字ですね。その中でも、僕は「信」
を以て、コトにあたっていきたいと思います。みなさんは、どの
字がピタッときますか?

一字に生きていきましょう。


 

その他の【サービス&ソリューション】

 

ページの先頭へページの先頭へ
株式会社ドゥアイネット
は、iOS/AndroidのARアプリ開発とWebシステム開発を中心としたIT関連サービスを提供しているシステム開発会社です。